ポプラの樹
トキメキファンタジーラテールで活動しているギルドサイトです



MASTER
マスターひらめ
MEMBER
皇女ユリア

ヒオ・サンダ-ソン

noe

ひだまり

しゃき〜ん

月雪菜

リム・ダイラム

チュンチュンワールド

フィフ・デグリース

刺身マーク2

もうちょっと右



yukiうさぎ
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* スポンサードリンク * - * - -
ポプラ物語No.34
 

キーン「いくぞ!レト!!」

 

 

 

レト(少し雰囲気が変わったか?・・・・だが)

 

 

 

スッ

 

 

 

うさぎ「移動戦術!?」

 

 

 

レト「追えないスピードで仕掛ければいいだけのこと!!」

 

 

 

キーン「・・・」

 

 

 

確実に当たる

 

 

 

レトだけではなく、うさぎすらそう思った

 

 

 

だが・・・

 

 

 

ドンッ!!!!

 

 

 

レトの体が弾き飛ばされる

 

 

 

レト「な・・何・・!?」

 

 

 

うさぎ「あ・・・あれは・・・?

 

 

 

キーン「プッシュSMG

 

 

 

レト「なるほど・・空気圧を飛ばすSMGを召喚し、私を弾いたというわけか・・」

 

 

 

うさぎ「すごい・・」

 

 

 

レト「だが仕組みが分かれば容易いことだ、SMGに当たらぬようにおまえの死角から・・」

 

 

 

キーンの背後に回り込む

 

 

 

レト「おまえの追えぬスピードで攻めれば・・」

 

 

 

しかし、レトの目の前にはキーンの顔があった

 

 

 

レト「馬鹿な・・私を捉え・・」

 

 

 

キーン「マシンガン!!」

 

 

 

レト「うぐっ!どうなっている・・・」

 

 

 

キーン「さっきプッシュで飛ばしたときに・・」

 

 

 

レト「・・・・足を重くするスロウSMGも置いていたのか!!」

 

 

 

キーン「これで・・・もう逃さないぞ」

 

 

 

レト「・・・エンジニアとして完全に覚醒したようだな」

 

 

 

キーン「メカプリリン召喚・・・エネルギーチャージ」

 

 

 

レト「これは・・」

 

 

 

キーン「メカサモン!!」

 

 

 

圧縮されたビーム砲がレトに向かい発射される

 

 

 

うさぎ「今までと威力が全然違う・・!」

 

 

 

レト「おっと・・」

 

 

 

うさぎ「避けられた!?」

 

 

 

レト「甘いなキー・・」

 

 

キーン「かかったな」

 

 

 

レト「何?」

 

 

 

キーン「サンダートラップ!!」

 

 

 

レトを複数のサンダートラップの電撃が襲う

 

 

 

レト「うああああっ!!」

 

 

 

キーン「逃さないぞ!!」

 

 

 

キーンがレトに攻め寄る

 

 

 

レト「私を・・・なめるなぁぁぁ!!!」

 

 

 

レトの拳が輝く

 

 

 

レト「幻影烈雷拳!!」

 

 

 

ドドドドドドッ!!!!!!

 

 

 

キーン「げほっ!!」

 

 

 

レト「な・・何故避ける素振りすら見せな・・」

 

 

 

キーン「今・・・だぁぁぁ!!!ハンマー召喚!!」

 

 

 

レト「なっ・・・体が・・・硬直して動かない・・・!?」

 

 

 

キーン「さらにプッシュSMGで振り抜くスピードを上げる!!」

 

 

 

レト「何・・!?」

 

 

 

キーン「これが今の僕に出来る最大の技・・・ハンマーポール!!」

 

 

 

レト「馬鹿な・・・こんなところでこの私が・・・デストロイである私がぁぁ!!!」

 

 

 

 
























 

あの時言いたかったのは・・・こういうことなんだろ・・・?レト・・

 

 

 

 

デストロイとして堕ちてしまうくらいなら

 

 

 

 

僕を救ってくれたレトを

 

 

 

 

今度は僕が

 

 

 






















 

死によって・・・レトを救うんだと・・・

 

 




 

キーンがハンマーを振り下ろす

 

 

 

 

 

 












 

 









 

 

 

レト「・・・・それで良い」

 

 

 

キーン「えっ・・?」

 

 

 

ドゴォォォォォ!!!!!!!!!

 

 

 

 

その音は

 

 

 

 

とても鈍く聞こえた




続きを読む >>
12:44 * マスターひらめ * comments(0) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.33
 

うさぎ「この先にマークが・・」

 

 

 

キーン「そういえばテラの奴が最後に妙なことを言ってたな」

 

 

 

うさぎ「妙なこと?」

 

 

 

キーン「“奴には切り札がある、気をつけろ”・・・って」

 

 

 

うさぎ「切り札・・・気になりますね」

 

 

 

キーン「ああ・・テラもマークを追い詰めたらしいが、それでやられたらしい。」

 

 

 

うさぎ「いったい何が起き・・」

 

 

 

キーン「どうした?うさぎ」

 

 

 

うさぎ「嘘・・・・・キーンさん、後ろ・・・・」

 

 

 

キーン「だからどうしたって言ってるじゃないか、うさ・・」

 

 

















 




 

 




 

キーン「・・・え?」

 

 

 

うさぎ「レト・・・さん・・・?」

 

 

 

レト「・・・」

 

 

 

キーン「や・・・やっぱり生きてたのか!そうだよな、レトが簡単に死ぬはずなんてないと思ってたんだよ!まったく、脅かしやがって!」

 

 

 

レト「・・・・・誰だおまえは?」

 

 

 

キーン「え?何言って・・」

 

 

 

レト「私は・・・“破滅のポプリア”デストロイだ。」

 

 

 

キーン「お・・おい、レト・・・何冗談言ってるんだよ・・」

 

 

 

レト「そうか・・・“レト”とはこの体の前の宿主のことだな。」

 

 

 

うさぎ「そ・・そんな・・・」

 

 

 

キーン「切り札って・・・こういうことかよ・・・」

 

 

 

レト「憎い・・・」

 

 

 

うさぎ「・・え?」

 

 

 

レト「人も・・・この世界も・・・全てが憎い!!」

 

 

 

キーン「駄目だ・・・デストロイとして体内に貯められた邪気が完全に表に出てしまっている・・」

 

 

 

うさぎ「そんな!!ではどうしたら!?」

 

 

 

キーン「・・・・」

 

 

 

レト「案ずるな。」

 

 

 

キーン「レト・・」

 

 

 

レト「何も考えなくていい・・・すぐに消してやる。」

 

 

 

キーン「・・・・・戦うしかない」

 

 

 

うさぎ「そんな・・・でも・・私は・・・」

 

 

 

キーン「・・・・うさぎはそこで見ているんだ。」

 

 

 

うさぎ「え・・?」

 

 

 

キーン「レトとは僕だけで戦う・・・」

 

 

 

うさぎ「む、無茶です!!キーンさ・・」

 

 

 

キーン「重い荷物を背負うのは・・・僕だけで十分だ」

 

 

 

うさぎ「キーン・・さん・・。」

 

 

 

キーン「来い!!レト!!」

 

 

 

レト「そうか、まずお前から殺されたいのか。いいぞ、すぐに楽にしてやる。」

 

 

 

キーン『葉眼!』

 

 

 

スッ

 

 

 

キーン「は・・速い!?」

 

 

 

レトはキーンの後ろに回り込む

 

 

 

キーン「い・・移動戦術か!?」

 

 

 

レト「正拳!」

 

 

 

キーン「うぐっ!!」

 

 

 

レト「更に・・」

 

 

 

キーン「なっ、もう次の攻撃態勢に・・」

 

 

 

レト「崩拳!!」

 

 

 

レトの拳によりキーンが弾き飛ばされる

 

 

 

キーン「ぐはっ・・」

 

 

 

うさぎ「つ・・・強すぎる・・・」

 

 

 

キーン「くそ・・・“葉眼”でも見切れないなんて」

 

 

 

レト「お前と私では格が違うのだ。

 

 

 

キーン「だが・・・今度はこっちのターンだ!」

 

 

 

レト「何?」

 

 

 

キーン「ハンマー召喚!!」

 

 

 

レト「これは・・」

 

 

 

キーン「いくぞ・・・レト!!」

 

 

 

キーンのハンマーが黄金に輝く

 

 

 

キーン「ジャッジメント!!」

 

 

 

ドゴォォォォン!!!!

 

 

 

あたり一面に砂埃が舞う

 

 

 

続きを読む >>
15:53 * マスターひらめ * comments(3) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.32
 

ベル(テラ)「逃がさないぞ、マーク。」

 

 

 

マーク供屬っ・・」

 

 

 

ベル(テラ)「マグナムキャノン

 

 

 

マーク供屬魁ΑΔ海譴蓮」

 

 

 

ベル(テラ)「テラは僕と同じ石弓使い・・・技の威力は2倍にも3倍にもなる」

 

 

 

マーク供屬Δ阿叩!」

 

 

 

ベル(テラ)「もう前のようにはいかないぞ」

 

 

 

マーク供屬前の戦闘力はさして問題ではなかった・・・その思想が危険だったのだ・・。しかし今、テラの体を借りることで力も得たというのか・・・!」

 

 

 

ベル(テラ)「君とは・・・いつかは分かり合えると思っていた・・・でもやっぱり君は変わらないんだね。」

 

 

 

マーク供峅晋諒僂錣詆要がある・・私は間違っていない・・・」

 

 

 

ベル(テラ)「そうか・・・」

 

 

 

マーク供屬修靴匿泙望茲襪覆茵ΑΑ般擇硫蝓彪弉茲里燭瓩卜呂鮖箸辰討い覆韻譴弌△前を倒すことなど造作も無いことだ。」

 

 

 

ベル(テラ)「それは都合がいい。今ならお前を倒せるということだな。」

 

 

 

マーク供屬そ・・・魔力を回復させる時間さえあれば・・!」

 

 

 

ベル(テラ)「そんな暇は与えない!ダークスピアーズ!!

 

 

 

マーク供屬阿△叩!」

 

 

 

ベル(テラ)「インフェルノ供!」

 

 

 

怒涛の攻撃がマークを襲う

 

 

 

マーク供屬阿叩ΑΑΔ泙困ぁΑΑΔ海里泙泙任蓮ΑΑ

 

 

 

ベル(テラ)「終わりだ!!スフィアレイ・・」

 

 

 

マーク供屐!」

 

 

 

ドゴォッ!!!

 

 

 

ベル(テラ)「えっ・・・?」

 

 

 

 










 

 

 

------------------------------------------------------

 

キーン「ま、待てよ!うさぎ!!」

 

 

 

うさぎ「この先に弟がいるかもしれないんです!!待てる訳ないじゃないですか!!」

 

 

 

キーン「だ、だからってそんなに突っ込んだら・・・・・・あっ・・・あれは!」

 

 

 

キーン達の前にテラが倒れていた。

 

 

 

キーン「テラ!!」

 

 

 

うさぎ「そ・・・そんな・・・!」

 

 

 

テラ?「追いつきましたか・・・すいません、私ではマークを止めることが出来ませんでした・・・」

 

 

 

うさぎ「ねぇ・・・ベル・・・?ベルなんでしょう?」

 

 

 

テラ?「・・・・・・」

 

 

 

うさぎ「答えて!!」

 

 

 

テラ?「私は・・・テラです・・・死人は蘇ったりしません・・・あなたの見間違いでしょう・・。」

 

 

 

うさぎ「そんなはずない!!あなた魂を呼び戻したって言ってたじゃない!!マークだってベルだって言って・・」

 

 

 

テラ?「嘘をつきました・・・すいません・・・。」

 

 

 

うさぎ「嘘・・・・嘘よ!!」

 

 

 

続きを読む >>
18:14 * マスターひらめ * comments(0) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.31
 

---------------アスガルド--------------- 

 

 



キーン「この先にマークがいるのか・・」

 

 

 

うさぎ「慎重に進みましょう」

 

 

 

?「その必要はない・・・私ならここにいる。」

 

 

 

キーン達の前にはマークが立っていた

 

 

 

キーン「マーク・・!」

 

 

 

マーク供岷での用事はだいたい終わったのでな。」

 

 

 

キーン「ケリをつけさせてもらうぞ!」

 

 

 

?「待つんだ!」

 

 

 

ユリ「こ、この声は・・・」

 

 

 

キーン達の後ろにはフェイス、リム、テラが立っていた

 

 

 

キーン「お前達・・・マークに始末されたはずじゃ・・」

 

 

 

リム「確かに私たちは殺されるところだった。」

 

 

 

テラ「私の“天視”の力で皆の急所を外していなければ、私達は今頃ここにはいなかったでしょう・・」

 

 

 

フェイス「あの男は危険すぎる・・・私達も微力ながら力になる。」

 

 

 

うさぎ「あ・・ありがとうございます!」

 

 

 

ユリ「これなら・・どうにかマークに対抗できるかもしれないな」

 

 

 

マーク供屬佞鵝ΑΑΦ造何匹集ったところで結果は変わらない。」

 

 

 

キーン「そんなことないさ。見せてやるよお前に・・」

 

 

 

うさぎ「団結する力を!」

 

 

 

ドゴォッ!!!!

 


 

 

キーン「・・・・・えっ?」

 

 

 

フェイス、テラ、リムの攻撃によりうさぎとユリが倒されていた

 

 

 

うさぎ「ううっ・・」

ユリ「げほっ・・」

 

 

 

キーン「な・・・何をしてるんだよ・・・」

 

 

 

マーク供屬・・・くくくく・・・・カハハハハッ!!」

 

 

 

キーン「お・・・お前・・」

 

 

 

マーク供屬世らお前達は愚かだというのだ!!あやつらは私の部下だぞ?命令に忠実に従うように感情を消し、デリートナイトとなった身であるというのに、私に刃向かうと思うか!?その甘さが人を!世界を!!駄目にしているとわからないのか!!」

 

 

 

キーン「・・・全部・・芝居だったのか!!」

 

 

 

マーク「今頃気がついても遅い。さあ、まずはうさぎとユリを殺すのだ。」

 

 

 

キーン「そんなことさせるか!!“葉・・」

 

 

 

マーク供屮▲ぅ好掘璽襯鼻

 

 

 

吹雪がキーンを包み込む

 

 

 

キーン「く・・くそ!!動けない・・!」

 

 

 

マーク「殺れ!!」

 

 

 


ドォーンッ!!







 

 

 

マーク供屐ΑΑΑΑΣ拭」

 

 

 

テラがリムとフェイスに攻撃を加え、気絶させていた

 

 

 

マーク供屬匹ΔいΔ弔發蠅澄ΑΑΕ謄蕁

 

 

 

テラ「これ以上・・・あなたの好きにさせるわけにはいきません・・」

 

 

 

マーク供崘麓な・・・デリートナイトの身でありながら本当に逆らうというのか・・!」

 

 

 

テラ「私は“天視”の・・・いえ・・・・・“天遣”のテラ。」

 

 

 

マーク供峅燭世函」

 

 

 

テラ「あなたは私を”攻撃の急所を見極める能力の所持者”だと勘違いしていたようですが、真の能力は別にあります・・。」

 

 

 

マーク供峙様・・・」

 

 

 

テラ「私は“天の遣い”・・・あなたの洗脳を受けるとき、私の心は天に預けていた・・。そして今、あなたを倒すために、たった一度きりの能力を使います・・」

 

 

 

テラの体が光り輝く

 

 

 

キーン「こ・・・これは・・・!?」

 

 


続きを読む >>
01:08 * マスターひらめ * comments(7) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.30
 

キーン「・・・・助かったのか?」

 

 

 

ユリ「ぎりぎり間に合ったようだな」

 

 

 

ワルド「アル・・・」

 

 

 

うさぎ「これからどうします?」

 

 

 

キーン「マークはアスガルドへ行くと言っていた。そこへ向かおう」

 

 

 

ワルド「わしは・・・一旦ポプラ国に戻ろう。アルのことを王に報告せねばな・・・。」

 

 

 

キーン「父さん・・」

 

 

 

ワルド「心配するな、もう大丈夫じゃ・・。それに、この怪我でお前達についていっても足手まといになるだけだからのう・・」

 

 

 

キーン「・・・わかった」

 

 

 

うさぎ「マークのことは私達に任せておいてください」

 

 

 

ワルド「すまないな・・・。アスガルドへはヴァルハラとは反対方向にあるスペースシャトルで行けるはずじゃ」

 

 

 

うさぎ「わかりました」

 

 

 

ワルド「キーンよ・・」

 

 

 

キーン「ん?」

 

 

 

ワルド「・・・・・いや・・なんでもない・・」

 

 

 

キーン「な、何なんだよ〜!」

 

 

 

ワルド「頑張ってこい・・・キーン」

 

 

 

キーン「まかせといてよ!・・・いってくるね!」

 

 

 

ワルド「・・・ああ」

 

 

 

キーン達の姿は遠くへ消えていった

 

 

 

ワルド「言えないな・・・“無茶はするなよ”などと。頼んだぞ・・・キーン・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

--------------------------------------------------------- 

 

 

うさぎ「反対側というと・・・この辺りのはずなんですが・・」

 

 

 

ユリ「スペースシャトルなど見当たらないぞ・・」

 

 

 

キーン「お、おかしいなぁ・・」

 

 

 

?「アスガルドへ行きたいのですか?」

 

 

 

キーン「だ、誰だ!?人の姿なんて見えないぞ!」

 

 

 

?「ここですここ、下を見てください」

 

 

 

下のほうを見ると絨毯のようなものが1枚あった

 

 

 

キーン「もしかして・・」

 

 

 

絨毯?「はい、私です」

 

 

 

キーン「じゅ、絨毯が喋ったー!!」

 

 

 

絨毯?「失礼な!私は絨毯ではありません!“空飛ぶマット”です」

 

 

 

ユリ「普通、空飛ぶ絨毯じゃないのか・・」

 

 

 

空飛ぶマット「マットです」

 

 

 

ユリ「Lv.155トレハンの?」

 

 

 

空飛ぶマット「マットです。・・・って何ですかそれは。」

 

 

 

ユリ「はっ!私は今何を喋っていたんだ・・・き、記憶が・・・!」

 

 

 

空飛ぶマット「とにかく、アスガルドへ行きたいのであれば私がお連れいたしましょう」

 

 

 

ユリ「だ、大丈夫なのか・・・?」

 

 

 

キーン「これしか方法がないんだ。信じるしかないさ。」

 

 

 

空飛ぶマット「ご利用ありがとうございます!ちなみに、料金はちゃんと払ってくださいね♪」

 

 

 

ユリ「くっ・・・これが金策の執念というやつか・・!」

 

 

 

空飛ぶマット「何か言いました?」

 

 

 

ユリ「はっ・・・また記憶が・・」

 

 

 

 

キーン達は空飛ぶマットに乗り、アスガルドへとたどり着く

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
21:23 * マスターひらめ * comments(4) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.29
 

ユリ「うっ・・・!・・・どうなったんだ!?」

 

 

 

うさぎ「あ・・・あそこ!!」

 

 

 

目の前にはキーンとアルタビトの両方が倒れていた

 

 

 

ユリ「キーン!!」

 

 

 

うさぎ「キーンさん!!しっかり!!」

 

 

 

キーン「・・・・げほっ!」

 

 

 

うさぎ「よ、良かった・・・息があるんですね!?」

 

 

 

キーン「うっ・・・あいつは・・・?」

 

 

 

うさぎ「そこで倒れています。」

 

 

 

ユリ「おまえの勝ちだ・・・キーン。」

 

 

 

キーン「・・・くっ、体が動かない・・。」

 

 

 

うさぎ「大怪我を負っているのですから、動かないで・・」

 

 

 

キーン「あいつ・・・なんで・・」

 

 

 

うさぎ「どうかしましたか?」

 

 

 

キーン「・・・・いや」

 

 

 

 

?「こんなところに居たか」

 

 

 

うさぎ「あ・・・あなたは・・・!」

 

 

 

マーク供屬△泙蠅忙箸┐覆ど下ばかりだったのでな。この私自らが息の根を止めにきてやったというわけだ」

 

 

 

ユリ「マーク・・・!」

 

 

 

うさぎ「フェイスとリムも追ってきていたはずでは・・!」

 

 

 

マーク供嵒埆侏茲壁下は必要ないだろう?」

 

 

 

うさぎ「ま・・まさか・・」

 

 

 

ユリ「・・・・殺したのか!」

 

 

 

マーク供屬前達には関係がないだろう」

 

 

 

ユリ「こいつ・・!!」

 

 

 

マーク供峪笋直接手を下そうと思っていたが、ここはヴァルハラ・・・・都合が良い。」

 

 

 

ユリ「何・・?」

 

 

 

マーク供屬海離凜.襯魯蕕鯤壊させ、瓦礫の山に閉じ込めればいいだけだ」

 

 

 

キーン「何だと・・・!」

 

 

 

マーク供屮▲ぅ好好函璽燹!」

 

 

 

マークの魔法によりヴァルハラが崩れ始める

 

 

 

マーク供屬修海粘ゃの下敷きとなり、ゆっくりと死ぬのを待つが良い。私はアスガルドにて“木の芽計画”の実行準備をするとしよう」

 

 

 

そういうとマークは魔法で消えていった

 

 

 

ユリ「くそっ・・・どうする!!」

 

 

 

うさぎ「出口も・・・塞がっています!!」

 

 

 

キーン「くそ・・・マークのやつ・・・!」

 

 

 

バキンッ!!

 

 

 

 

巨大な柱が折れ、キーン達の方へ倒れてきた

 

 

 

 

ユリ「し、しまっ・・」

 

 

 

 

ドゴォッ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーン「・・・・えっ」

 

 

 

 

 

 

 

倒れてきた柱をワルドが支えていた

 

 

 

 

キーン「父・・・さん・・・・?」

 

 

 

ワルド「ごふっ!!・・・かっかっか、あの世で閻魔様に蹴り返されてしまったわい・・」

 

 

 

うさぎ「ワ、ワルドさん!?生きていたのですか!?」





キーン「な、何してるんだ!!どいて!!僕がその柱を押さえるから!!」

 

 

 

ワルド「・・・・いいや・・・ダメだ・・・。」

 

 

 

キーン「な・・何を言って!!」

 

 

 

ワルド「お前は・・・・先に行きなさい」

 

 

 

うさぎ「出口も・・・塞がれているんです!」

 

 

 

ワルド「・・・・大丈夫・・じゃ・・。キーン・・・ポケットの中を見てみなさい」

 

 

 

キーン「こ・・これは・・・?」

 

 

 

ポケットの中には小さな鍵が入っていた

 

 

 

キーン「い、いつのまに・・」

 

 

 

ワルド「その鍵はトレージャーハンターの七つ道具でな・・・閉じられたそこのポータルをあけることが出来る。そこから脱出しなさい・・・。」

 

 

 

キーン「父さんも一緒に!!」

 

 

 

ワルド「馬鹿なことを・・・言うんじゃない・・・誰かが押さえておかねば・・・出口ごと塞がれてしまう・・・」

 

 

 

キーン「でも!!」

 

 

 

ワルド「わしは時代の・・・忘れ物だ・・・。これからはお前達が・・・時代を作りなさい・・・」

 

 

 

うさぎ「ワルドさん・・・」

 

 

 

ワルド「さあ・・・いきなさい・・・」

 

 

 

キーン「い・・・嫌だ・・・嫌だ!!せっかく生きていたのに置いていくなんて!!」

 

 



 

ワルド「・・・・父さんを・・・困らせないでおくれ・・・」




 

 

 

キーン「で・・でも・・・でも!!!」

 

 

 

巨大な柱が少し沈んでいく

 

 

 

ワルド「うぐっ!!・・・・さすがにこの傷でいつまでもこれを支えておくのは無理か・・・」

 

 

 

 

だんだんと柱が傾いていく

 

 

 

 

ワルド「くっ・・・・このままでは・・・・あいつらを助けてやることすら・・・!」

 

 

続きを読む >>
05:52 * マスターひらめ * comments(6) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.28
 

アルタビト「少し力を抜きすぎたようだ・・・・今度は殺す気でいくぞ」

 

 

 

キーン「やってみればいいさ」

 

 

 

アルタビト「メテオウェーブ供!」

 

 

 

スッ

 

 

 

アルタビト「背後に回避すると読んでいたぞ!!」

 

 

 

ユリ「ま、まずい!!」

 

 

 

アルタビト「ショックウェーブ供!」

 

 

 

キーン「召還・アームストロング」

 

 

 

アームストロングがキーンを守る

 

 

 

アルタビト「くそ・・・防御型の召還獣か!」

 

 

 

キーン「マシンガン」

 

 

 

ドドドドッ!!

 

 

 

アルタビト「おっと、そんなもの当たるとでも思っているのか?」

 

 

 

キーン「上を見ろ」

 

 

 

アルタビト「こ、これは!?」

 

 

 

キーンの魔力によってマシンガンの弾が上に集まっていた

 

 

 

キーン「スフィアレイン」

 

 

 

無数の魔力を込めた弾がアルタビトに降り注ぐ

 

 

 

アルタビト「うぐっ!!」

 

 

 

キーン「召還・スロウSMG」

 

 

 

アルタビト「何だこれは・・・足が動かない・・・!」

 

 

 

キーン「サンダートラップ」

 

 

 

アルタビト「ぐああ!!・・・くそ・・・こんなもの!!」

 

 

 

キーン「先の攻撃で6つのトラップを投げ込んだ。その意味がわかるか?」

 

 

 

アルタビト「何・・・?・・・トラップを線で繋ぐと・・・・星・・・・・・まさか!」

 

 

 

 

キーン「マジェスティックブルー」

 

 

 

 

魔方陣によって増大された雷がアルタビトを襲う

 

 

 

アルタビト「ぐああああ!!」

 

 

 

キーン「逃がさないぞ」

 

 

 

アルタビト「くそ・・・くそ!!調子に乗るなあああ!!」

 

 

 

うさぎ「い・・今の一撃だけでも灰になりそうなものなのに・・!」

 

 

 

アルタビト「うああああ!!」

 

 

 

アルタビトがキーンに迫る

 

 

 

キーン「正面から単純に攻め込むつもりか?」

 

 

 

アルタビト「縦横無・・」

 

 

 

キーン「マシンガン」

 

 

 

ドドドドッ!!

 

 

 

ユリ「ま、まさか!」

 

 

 

キーン「何・・・!」

 

 

 

アルタビトは攻撃を避けずにキーンのほうに直進してきた

 

 

 

アルタビト「これなら・・・・貴様も攻撃をくらうだろう!!」

 

 

 

キーン「しまった・・・!」

 

 

 

続きを読む >>
17:46 * マスターひらめ * comments(0) * trackbacks(0) ポプラ物語
しゃきんです ポプラ新作です
卒論どころじゃなかった
21:58 * しゃき〜ん * comments(2) * trackbacks(0) ポプラ物語
ポプラ物語No.27
 

キーン「ねぇ、おじさん」

 

 

 

ワルド「ん・・・どうした?」

 

 

 

キーン「もうさ、おじさんが僕の父さんになってよ!」

 

 

 

ワルド「かっかっか!わしが父親だと?笑わすんじゃない。わしはそういう柄じゃない。」

 

 

 

キーン「いいじゃないか!ずっと面倒みてくれてるし、父さんみたいなもんだろ?」

 

 

 

キーンは家の窓を開けると、鳥達が慌てたように鳴き声をあげながら飛び去っていく

 

 

 

ワルド「わしにそんな資格はない・・・」

 

 

 

キーン「ん?今何か言った?」

 

 

 

ワルド「いいや、なんでもない。父親になるなんて簡単に言葉で言ってできるもんじゃあないんだよ。特におまえみたいな悪ガキの親となるとな」

 

 

 

キーン「だ、誰が悪ガキだい!いつものイタズラは・・・ほら、いきなり悪い奴が村を襲ってくるかもしれないだろ?その時のための訓練さ!」

 

 

 

ワルド「かっかっか!都合のいい理由をつけおって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・知っておるよ、キーン。

 

 

 

 

 

おまえなりに抵抗を示していることも・・

 

 

 

 

 

おまえなりに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

生きたいと強く願っていることも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワルド「そうだな・・・」

 

 

 

キーン「どうしたの?」

 

 

 

ワルド「お前がもし・・・一人前になったら・・・それをわしが認めたら・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わしが父を・・・名乗ってやる」

 

 

 

キーン「本当だな〜!?嫌でも認めさせてやるからなー!」

 

 

 

ワルド「かっかっか!そんな時は一生来ないかもしれんがのう」

 

 

 




 

 

 

 

--------------------------------------------------------- 

 

 

 

キーン「う・・・」

 

 

 

ユリ「目が覚めたか・・・キーン」

 

 

 

キーン「僕は・・・気絶していたのか・・」

 

 

 

ユリ「・・・・・・ああ。」

 

 

 

うさぎ「キーンさん・・」

 

 

 

キーン「うさぎ・・」

 

 

 

うさぎ「今からここで起こったことをすべてお話します・・。キーンさんにそれを聞く覚悟があればですが。」

 

 

 

キーン「・・・・話してくれ。」

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
17:26 * マスターひらめ * comments(4) * trackbacks(0) ポプラ物語
しゃきんです
ポプラ物語久々に動画つくったよー(^o^)ノ 色々と脳内保管
21:07 * しゃき〜ん * comments(5) * trackbacks(0) ポプラ物語

<< New   /   Old >>